看護学生さんからのインタビュー・感想のメッセージ

 

 

リルラのホームページに1通のメールが届きました。

それは県外の看護大学の看護学生さんからでした。

 

 

 

『病院・訪問看護師とは異なる仕事の仕方をしている看護師が、どのようなところに誇りを持ち、またどのようにクライエントに関わりを持っているかを卒業研究として研究する予定で準備をしているところです。元看護師でご自身のサロンを開業していらっしゃるリルラ様のホームページを拝見し、キャリアに非常に興味を持ちました。よろしかったらリモートでのインタビューを受けていただけますか?』

 

このような内容のメールでした。

 

 

 

最初は「このメールって本物?」(・・;)

こんなに遠く離れた小さな小さな自宅サロンを見つけてくれるなんてあるのかな…と思ってました。

 

でも、本当でした。笑

 

インタビューは、大学の先生も一緒にということだったので「私で大丈夫なのかなぁ…」と緊張と心配がありましたが

私の経験が何かの役に立つのなら!とインタビューを受けることにしました。

 

 

 

そして、インタビューの後にこのような感想のメールをいただきました。

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

昨日のお話を聴いて、開業医で医師の指示の下でしか動けない中で自身のやりたいことができなかったジレンマを抱えながらも、コロナなどの時代背景や自分自身の体調に合わせて、アロマやタロットを利用してやりたいことを追い続けていること、その姿勢が非常に魅力的に感じました。

あくまでアロマやタロットを提供すること自体が最終目的ではなくそれらを通しリルラさんの信念や価値といったものを表現されているのだと思いましたし、だからこそ、そこにお金以上の価値ややりがいがあるのだと考えました。

やりたいことを具現化し、常に目標を持って自分自身を奮い立たせ、今もなお成長しようとするところが、クライエントの満足度に繋がっていて、またそれが、確実に誰かのためになっているという点で、プロフェッショナルを感じましたし、社会貢献の在り方を学ぶことができました。

 

私は看護を学ぶ学生としてこのようなお話を聴き、来年の四月から大学病院への就職が決まっておりますが、リルラさんのように看護という枠だけに留まらない自己実現の在り方や多様性があるのだと大変勉強になりましたし、自分自身の人生にもこの学びを活かしていきたいと思いました。

  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 

 

このメールを読ませていただいた時

今まで自分のしてきた事を

理解してもらえたこと

評価してもらえたことがとても嬉しくて読みながらウルッ(;ω;)としてしまいました。

 

頑張っていれば誰かが分かってくれる見つけてくれる…

 

そして、ここまで1人でいろいろな事を考え決めてきたけれど、これで正しかったんだ…と自信を持つこともできました。

 

 

 

人に自分のことを伝えることは

今までの自分を振り返り

そして自分の気持ちを再確認できる

改めてこのセラピストとしての道を選んで良かった、この道は私の人生を豊かにしてくれているんだと思うことができました。

 

 

 

遠く離れた小さな小さな自宅サロンを見つけてくださった可愛い看護学生さんに、とても素敵な物をいただいて感謝しています。

ありがとうございました(*_ _)

 

 

 

そして、人との出逢いはいろいろな事を教えてくれる!

人生において1番大切なのは出逢いなのかもしれないと改めて実感することができました。

 

 

この気持ちを大切に

これからもお客様との出逢いに感謝しながら、お客様の心に寄り添って頑張っていきたい思いますp(^-^)q